2022 父の日

父の日は、母の日と同じくアメリカ発祥の祝日です。
アメリカでは、1972年に父の日が国の記念日となりましたが、日本に父の日が導入され始めたのは1950年代ごろのことだそうです。

父の日に人気なのが、ひまわりを使った花束やアレンジメントです。
ひまわりといえば、夏を象徴する花のひとつです。

「太陽を思わせる黄色い花びら」とお伝えしたように、ひまわりは日本の父の日のテーマカラーである黄色の花です。
そして、夏らしくなってくる父の日に贈る花としては季節もぴったりで、いつも家族を明るく照らしてくれるようなお父さんのイメージにもあっていますよね。

花言葉
憧れ・輝き・敬慕・あなただけを見つめる

1 向日葵と紫陽花アレンジ

ひまわりのオレンジ・イエローと紫陽花のブルーが爽やかに映えるアレンメントです。
サイズ 26㎝x26㎝xH26㎝

価格 3,300円(税込)

2 サンゴパインのアレンジ

サンゴパインを中心にしたアレンジです。サンゴパインの花言葉は「あなたは無敵完全無欠」です。
サイズ 26㎝x22㎝xH32㎝

価格 3,850円(税込)

3 ミニ観葉とアレンジメント

横長のバスケットに2種類のミニ観葉とピンク・紫のフラワーアレンジのセットです。
サイズ 36㎝x15㎝xH33㎝

価格 3,850円(税込)

(ミニ観葉はアソートになっているため選ぶことができません。)


4 アンスリウム鉢花(6号鉢)

赤いハート形の仏炎苞(花は中心の棒状の部分です)ぐりーの葉の部分もハート型。父の日の贈り物にハートの観葉植物を。サイズ 36㎝x36㎝xH58㎝

価格 5,500円(税込)

5 ヒマワリのスタンディングブーケ

お手入れが簡単なスタンディングタイプの花束は、アレンジメントのようにそのままお飾りいただくことができる花束です。20㎝x23㎝xH32㎝

価格 3,300円(税込)

おしゃれで長持ちする花束の秘密はエコゼリーです。

そのまま飾れるように特殊なカップを使い自立しています。花瓶の必要はありまん。鮮度保持材入りのエコゼリーが入っていますので水を与え
る心配はありません.

京都府京田辺市で2003年3月9日にオープンした、フレッシュフラワーやプリザーブドフラワーのアレンジメントやブーケ・観葉植物・胡蝶蘭を主に取り扱っています。

月曜日10:00 AM – 7:00 PM
火曜日クローズ
水曜日10:00 AM – 7:00 PM
木曜日10:00 AM – 7:00 PM
金曜日10:00 AM – 7:00 PM
土曜日10:00 AM – 7:00 PM
日曜日10:00 AM – 7:00 PM

*第3水曜日は休み(3月は営業)
*年始休暇1月1日~5日

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。